広告

Voice1: デンマークでの仕事 (Ayae)

私が参加している24カ月プログラムは8カ月間のアフリカでのプロジェクトに向けて1年間デンマークで労働と学習を行います。基本的には労働を4~6週間行って、1~2週間チームメイト全員がLindersvold(学校)に集合して勉強という形です。

 労働をしている期間中も、タスク(宿題)は出されているのでそれを提出して、先生からコメントをもらって、不合格なら再提出。ということを繰り返しています。割と厳しく添削されます…

写真はLindersvooldでの授業風景。学習した内容をプレゼンしています。

労働はデンマーク内で提携している学校で行います。私のチームは9人なので、4つの学校に分かれて働いています。(私はカタルーニャの女の子、Paulaと一緒の学校)

1490338905849.jpg

 たくさん喧嘩もしますが仲良し*:D

仕事内容は学校によって様々。でも共通しているのは、この学校にいる子たちは何かしらの問題を抱えていて、“普通の”学校には通えない子たちです。

麻薬を使っていた子、暴力沙汰を起こした子、過去の大きなトラウマを抱えている子等、理由は様々ですが、共通しているのは“彼らにそういう行動をさせてしまったのは周りの環境が適切ではなかったから”ということです。

 その子たちを如何にして社会復帰させるか。それがこの学校のミッションです。

さて、今回は私の職場について紹介をしたいと思います。

私が働いているのは南デンマークのSøgårdhusという学校。

ドイツまで車でたったの15分。コペンハーゲン(首都)まで車で3時間。

*ちなみに、デンマークは物価が高いのでデンマークの人はドイツまで車を走らせて買い物に行く人が結構います。(私の学校も毎週ドイツに行ってます)

 

この学校には15~18歳の子たちが住んでいます。

(基本的にみんな学校に住み込み。土日に帰省してます。)

現在15人いる生徒のうち14人は男の子。まるで男子校です。笑

彼らは午前中に勉強をし、午後からはスポーツのアクティビティを楽しんでいます。

日によってアクティビティの内容は様々ですが、夏は毎日スピードボードに行っています。

ただし、アクティビティは1日1個とは限りません。さすが若い男の子。朝勉強して、午後からバレーをして、モーターバイクをして、夕飯食べたら夜8時から10時までスピードボートへ…

 それでもまだエネルギーが有り余っていて夜中に廊下を駆け回る…恐るべし。

私の仕事内容は

・生徒とのスポーツアクティビティ

バレー、サッカー、スピードボート、釣り、プール、スンバ、ペインボール、卓球、チェス、バイク、船釣り、ゴーカート、スキューバダイビング、ビリヤード、、、 等々

・運転(生徒の送り迎え) たまにです

・料理のお手伝い 週2回

・掃除 毎日

・生徒とのコミュニケーション

・リノベーションの手伝い 週2,3     等々

下記はとある週の私のスケジュール。(毎週作成して先生に提出してます)

でも予定はいつも変更になるので、臨機応変に対応してます。

仕事内容は日によって様々ですが基本的にメインは生徒とのコミュニケーション。

私のデンマーク語が向上しない一方で、生徒の英語力は少しずつ上達^^

『たわいない内容でも、私と話すことで英語の勉強に繋がっているんだなぁ…』

と実感。

基本的にFree Timeと勉強時間以外は生徒と一緒にいるように努めています。

掃除も、もちろん生徒と一緒に行います。

下の写真は金曜のPractical work。生徒がATVを運転してます:D

一週間における労働時間は決まっていて週最低37時間、最高で48時間以内になるように設定されています。ただ、アクティビティをしているときは私も生徒と一緒に楽しんでいるので働いている実感はありません(笑)

ちなみに私はすべてのアクティビティにおいて初心者…

生徒はすでに大抵のアクティビティはなんなくこなせちゃうので、私が生徒に教えてもらっています(笑)

最近はマニュアルバイクの乗り方とスピードボートの操縦を教えてもらって生徒と楽しみました。(学校の敷地内で)

写真はペインボールをした時の写真。弾はビービー弾。被弾したら攻撃から外れて見学。


みんなガチです。笑

 

また、週10時間の勉強時間も確保されているので、その時間はタスク(宿題)に集中するようにしています。勉強時間中に仕事お願いされても、『勉強中だからNO』と言えば理解してもらえる職場です^^

ちなみにチームメイトは部屋で映画みてます。自由です(笑)

よく、お休みはちゃんとあるの?って聞かれますが、お休みはきちんと頂いてます。

最初、校長先生との面談の時

『休みは週1でいいよね?』

って言われて、

『(まあ、週1あれば十分かな)』

って思っていたらチームメイトが

『最低でも週2はないと生きていけない』

って言い始めて長い討論の結果……(なんか人権がどうとか話し込んでました)

週1日半のお休みをゲット。ラッキー(笑)

余談ですが、現在私はスピードボートとスキューバダイビングのライセンスをここ(働いている学校)で勉強中。器具もそろっているし、インストラクターが働いているんです。

無料で取れるなんて、、、ありがたや。。。

 私は2017年の2月チームなのでデンマークに来てすでに半年。デンマークでの生活もすでに折り返し地点。あと半年でアフリカにいる自分が想像できません。

この学校ではとても貴重な体験をさせてもらってますが、その話については追々。

 

広告

Voice1: デンマークでの仕事 (Ayae)” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。