Voice21:バストラベルってなに?(Ayae)

バストラベルって何だろう?

 

ちょくちょくバストラベル何週目突入―!とインスタ、FacebookとTwitterに載せていますが、“そもそもバストラベルって何?”って方も多いと思うので、今回はバストラベルについて紹介をしたいと思います。

私は現在、教員養成大学で働いており、生徒は卒業後農村部の小学校で教師として働きます。

その、教員養成大学のプログラムの一環としてあるのが、バストラベルです。

その名も通り、バスで旅をします。期間は10週間。

ちなみに現在は8週目に突入。4月19日に始まったこの旅は、6月28日に終了予定です。

 

*一昨年までは16週間あって隣国のモザンビーク、タンザニヤ、ザンビアも旅していましたが、国がシラバスを変更したため、昨年から10週間マラウイ国内のみを旅することになりました。

IMG_0625

この旅の目的は、あくまでも勉強です。

私の学校のコンセプトは“The world is our classroom”で、旅をしながら学んでいます。

卒業後、どこの地域の農村部に配属されるかも分からない生徒達のために、少しでも農村地域の生活と異なる部族の文化を学び、赴任後すぐに即戦力として働いてほしい。

更には、子供たちに自分たちが見た本当のマラウイとそれぞれの部族の文化を説明してほしい。

それがこの旅の背景です。

IMG_7441

マラウイには、多くの異なる民族と言語があり、“マラウイ文化”として一言で何かを紹介するのはとても難しいです。

日本にももちろん方言や異なる言語はありますが、大多数の方が日本語を話しますし、“日本文化”として共通している部分は多くあると思います。

 

ですが、縦に細長いマラウイは南部、中部、北部と大きく分けることが出来、部族によって文化も大きく異なります。また、マラウイに現在ある多くの部族は隣国から流れ着いているので、それぞれの部族の歴史も異なります。実際に赴任した時に、その地域の文化を知っているかどうか。これは、大きな差となります。CLSG1349

*チェワ語と英語しか話せない人がトンブカ語を話す地域に先生として赴任するってこともあり得ます。

では、なぜ実際に10週間も旅をする必要があるのか。

それは、教科書、ネットとテレビの普及率が関係しています。

 

マラウイは最貧国とはいえ、ネットやスマホはもちろんありますし、生徒の中にはスマートフォンを持っている子もいます。でも、スマートフォンを持っている子でもインターネットを使う子はそこまでいません。あくまでも、What’s up(日本でいうLine的な)を使うくらいです。

理由は、インターネット代を払うことが出来ないから。

テレビを持っている人も、中々いません。

つまり、テレビ、ネットや教科書がそこまで充実していないこの国の人にとって、“実際に自分の目で見て、学ぶ”ということは欠かせないことなのです。

もちろん、“実際に自分の目で見て学ぶ”ことは日本でも大事なことです。百聞は一見に如かずですから。でも、そもそも“情報がない”この国では、遠くの地方の景色や文化を学ぶことがとても難しいというのが現実です。

 

例えば、日本人の方に“富士山の形を描いて下さい”ってお願いしたら、多くの方が書くことが出来るし、頭の中で青く、美しい富士山を思い浮かべることが出来ると思います。たとえ、実物を自分の目で見たことはなかったとしても。

でも、私の生徒(すでに20代)は、実際に行くまでマラウイ最高峰(3002m)のムランジェの形さえ知りませんでした。テレビも、インターネットもない彼にとって、実際に見たものが、彼の知識となるのです。

学校に図書室はあっても、冊数や内容に限りがる、マラウイ。だから、実際に自分の目で見て学ぶことが出来る“バストラベル”はとても素晴らしいプログラムだと私は思っています。

IMG_6973

私の生徒のほとんどは貧しい家庭の出身です。多くの生徒が旅行をしたことがなかったので、このバストラベルで初めて山を登ったり、檜を見ることが出来たり、湖で泳ぐことが出来たと言います。

IMG_0052.JPG

私は毎日生徒の英作文の添削を行っているのですが、その英作文の内容から、生徒がどれだけ多くのことを学び、感謝しているのかが読み取れます。

*今度、生徒の英作文もみなさんに是非紹介をしたいなと思います。

私自身も、凄く貴重な経験をさせてもらっているなと、思います。

“観光”がメインではないこの修学旅行。それぞれの族長に直接会って、部族の文化と歴史を学んだり。水力発電所に行って発電の仕組みと停電の原因を学んだり。テレビ局に行って番組作成の過程を学んだり。教科書からでは絶対に学べない、でも多くのマラウイ人が飢えている情報を日々入手し、学んでいます。

IMG_7297

*ちなみに、もちろんテント泊です。一つのテントに3人で寝てます。私は2人でシェアしてるのでラッキーなほうですが、、、

 

冒頭に書いた学校のコンセプト、“The world is our classroom”

このコンセプトの通り、私の生徒は現在旅をしながら、多くのことを学んでいます。

でも、10週間の修学旅行はいろいろ大変なこともあります。ので、次のAyae編でバストラベル中の葛藤について紹介をしたいと思います。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。